作词:くじら

作曲:くじら

水色のアパート、見慣れたドアをくぐって

淡蓝色的公寓穿过熟悉的门

春の終わりとうたた寝

春日的终结与浅睡

メモに残る期待と気まぐれな雨嫌って

厌倦了笔记中残留的期待和反复无常的雨

汚れたシャツの袖見ないふり

假装对脏污的袖子视而不见

どうしたって平凡な日々で

无论如何都在平淡无奇的日子里

もう嫌って言えば楽なのに

如果能说出受够了该多轻松啊

バスを待ってる間にふと考える未来の事

等待巴士期间忽然开始思考未来

どうしたって零点な日々で

无论如何都处于零点的日常里

もういいやって言えば楽なのに

如果能说出受够了该多轻松啊

寂しくなった心の中

但内心仍然寂寞无比

ねえ花火が上がったねえ花火が上がった

在空中绽放的烟火在空中绽放的烟火

青春の残骸とどうしようもない思い出

青春的残骸与无可奈何的回忆

夜明け低体温と動いてる心臓を

黎明的低体温与跳动的心脏

エンドロールに残されたみたいで

似乎都被留在了片尾

知らない誰かの生活の灯り

不知是谁点亮了生活的灯光

帰りの車窓に揺られ流されていく

在归程的车窗上摇曳流淌

知らない誰かの生活のストーリー

陌生人的生活故事

変わらない日々をまだ愛せないでいる

依然无法热爱这一成不变的日子

どうしたって平凡な日々で

无论如何都在平淡无奇的日子里

もう嫌って言えば楽なのに

如果能说出受够了该多轻松啊

バスを待ってる間にふと考える未来の事

等待巴士期间忽然开始思考未来

どうしたって零点な日々で

无论如何都处于零点的日常里

もういいやって言えば楽なのに

如果能说出受够了该多轻松啊

寂しくなった心の中

但内心仍然寂寞无比

ねえ花火が上がったねえ花火が上がった

在空中绽放的烟火在空中绽放的烟火

青春の残骸とどうしようもない思い出

青春的残骸与无可奈何的回忆

夜明け低体温と動いてる心臓を

黎明的低体温与跳动的心脏

エンドロールに残されたみたいで

似乎都被留在了片尾

ねえ花火が上がったねえ花火が上がった

在空中绽放的烟火在空中绽放的烟火

青春の残骸とどうしようもない思い出

青春的残骸与无可奈何的回忆

夜明け低体温と動いてる心臓を

黎明的低体温与跳动的心脏

エンドロールに残されたみたいで

似乎都被留在了片尾

どこにもないみたいだ

似乎哪里都不存在

どこにもないみたいだ

似乎哪里都不存在

映った明かりと深く染まる青く

倒映的光明与深深浸染的蔚蓝

どこにもないみたいだ

似乎哪里都不存在

どこにもないみたいだ

似乎哪里都不存在

濁ったパレードすぐに消える

浑浊的游行转瞬之间就消失无踪了

最後の夜に

最后的夜里